アクリテック(ACRYTEC)|株式会社菱晃

水槽パネル|比類ない安全性と透明度。抜群の加工性、耐久性。

深海に迷い込んだような、ひとときの夢を与えてくれる水族館...大人にも子供にも愛されるこの幻想的な空間、実は現代システム技術の賜物です。三菱ケミカルのアクリル樹脂板「アクリライト」は、その主役。比類ない安全性と透明度、抜群の加工性、耐久性等の特徴をもって、日本国内を初め広く世界各国の水族館に採用され、高い評価を頂いております。

私ども株式会社菱晃は、1995年に三菱レイヨン株式会社(現、三菱ケミカル株式会社)から水槽事業の移管を受け、「アクリライト」による水槽の
・設計および技術支援
・アクリルパネルの製造、加工
・アクリルパネルの施工工事、施工支援
・アクリルパネルの傷取り等のメンテナンス
をご提供いたします。

水槽に使用されるアクリルパネルは1枚1枚、お客様のご要望にあわせて制作します。アクリルパネルは平板のほか、曲げ加工技術によって曲面パネル、トンネルや円筒といった形状を付与することができます。

アクリルパネルは特殊な重合接着技術により繋ぎ合わすことで無限に大きくすることが可能です。運搬が不可能となる大きさの場合、工事現場で接着加工をおこないます。また、アクリルパネルの厚さはアクリル板単体で最大65mmです。高い水圧に耐えるためにより大きな厚さが必要な場合、アクリル板を重合接着技術で張り合わせることができます。

アクリル樹脂の特徴は透明度の高さです。その透明性はプラスチックの女王と呼ばれるほど樹脂の中でもっとも優れており、無機ガラスをも凌ぎます。また、耐候性が良く太陽にあたっても黄色くなったりボロボロになったりしません。アクリル樹脂は水族館の透明な窓をはじめ、コンビニエンスストアなどの看板や自動車のテールランプ、携帯電話の表示窓、液晶ディスプレイ(LCD)用バックライトの導光板などさまざまな用途に使われています。

お問い合わせ

03-5651-0660

メールよりお問い合わせ

テックライト
PAGE TOP