アクリテック(ACRYTEC)|株式会社菱晃

「アクリル樹脂の特性」

アクリル樹脂とは

アクリル樹脂とはMMAモノマーに重合開始剤や熱を加えて化学反応によって作られるプラスチック(樹脂)のひとつです。化学名はPoly Methyl Methacrylate、一般にアクリル樹脂、メタクリル樹脂と呼ばれています。MMAとは、Methyl Methacrylate(メタクリル酸メチル)の略称で、無色透明な液状の物質です。モノマーとは単分子のことで、化学反応によってつながるとポリマー(高分子)になります。この化学反応を重合といいます。

アクリル樹脂の特徴は透明度の高さです。その透明性はプラスチックの女王と呼ばれるほど樹脂の中でもっとも優れており、無機ガラスをも凌ぎます。また、耐候性が良く太陽にあたっても黄色くなったりボロボロになったりしません。アクリル樹脂は水族館の透明な窓をはじめ、コンビニエンスストアなどの看板や自動車のテールランプ、携帯電話の表示窓、液晶ディスプレイ(LCD)用バックライトの導光板などさまざまな用途に使われています。

重合化学反応

水槽用アクリル樹脂(アクリライトG)の物性

項目 試験方法 単位 アクリライトG
全光線透過率 JIS K7361-1 % 93
ヘーズ JIS K7136 % 0.5
屈折率 JIS K7105   1.49
日射透過率 JIS R3106 % 88
引張強さ JIS K7113 MPa 76
引張破断ひずみ JIS K7113 % 4.5
曲げ強さ JIS K7203 MPa 123
曲げ弾性率 JIS K7203 MPa 3.2×103
ロックウェル硬度 JIS K7202 Mスケール 100
アイゾット衝撃強さ JIS K7110 KJ/m2 2
シャルピー衝撃強さ JIS K7111 KJ/m2 17
比熱容量 JIS K7123 J/g・℃ 1.5
荷重たわみ温度 JIS K7207(A法) 105
線膨張係数 JIS K7197 -1 7×10-5
表面抵抗率 JIS K6911 Ω >1018
電荷半減時間 スタチックオネストメーター sec
テーパー摩耗*1 JIS K7204 ヘーズ% 40
落砂摩耗 ASTM D673 ヘーズ% 30
比重 JIS K7112   1.19
吸水率 JIS K7209 % 0.3
燃焼性 JIS K6911   可燃性
  UL94   HB

*1: 500gの荷重で円筒形砥石(CS-10F)を100回転させた後のヘーズ(曇価)を測定

アクリライトG単板のサイズ

板厚(mm) サイズ(mm) 重量(kg)
20 6,350 × 3,040 459
30 6,330 × 2,980 673
50 6,300 × 2,930 1,098
板厚(mm) サイズ(mm) 重量(kg)
20 8,000 × 3,050 581
30 7,950 × 3,050 866
50 7,900 × 3,030 1,424

全て受注生産です。これ以外のサイズはアクリル板を接着により積層や継ぎ合わせることで必要なサイズを製作します。

お問い合わせ

03-5651-0660

メールよりお問い合わせ

テックライト
PAGE TOP